ぎふレポート

ラモス 清流の国 ぎふプロジェクト > RGPレポート > 村井統括本部長とラモス瑠偉監督のコンビで期待高まるFC岐阜トップチーム!

村井統括本部長とラモス瑠偉監督のコンビで期待高まるFC岐阜トップチーム!

2015/07/11 (土)

 

昨日、7月10日(金)株式会社岐阜フットボールクラブの村井統括本部長とラモス瑠偉監督、トップチームの選手は伊奈波神社を参拝しました。

 

IMG_6947

 

村井統括本部長は、「県民の期待は、ラモス瑠偉監督率いるFC岐阜トップチームの活躍。フロントはトップチームと共に勝利のために仕事をすることが大切。プロサッカークラブらしく、ラモス監督や選手たちをサポートして【サッカーで、こどもたちに夢を与えるクラブ】にならなければいけない。」という考えを持たれています。

 

昨年、新たに発足したオレンターノ岐阜(星野鉃夫会長)の事務局長として後援会の運営をされFC岐阜を多方面からサポート。2014年FC岐阜の飛躍を支えた存在です。

 後援会組織図

 

2015シーズン前の公式行事で起きた出来事により、FC岐阜の運営会社(株式会社岐阜フットボールクラブ)の体質改善が絶対的に必要であるということでフロント入りをされました。 岐阜新聞0307

 

後半戦に入り補強などトップチームの雰囲気が変わってきます。株式会社岐阜フットボールクラブの統括本部長としてプロサッカークラブのフロントの基礎づくりに取り組む村井統括本部長とラモス瑠偉監督率いるFC岐阜トップチームの取り組みに期待をしています。

 

(ラモス清流の国ぎふプロジェクト 角田)

 

 

トップに戻る