ぎふレポート

ラモス 清流の国 ぎふプロジェクト > RGPレポート > オレンターノ岐阜 星野鉃夫会長とFC岐阜 ラモス瑠偉監督の結束!

オレンターノ岐阜 星野鉃夫会長とFC岐阜 ラモス瑠偉監督の結束!

2015/02/25 (水)

2015シーズンの準備が着々と進むラモス瑠偉監督率いるFC岐阜。

FC岐阜の再建のキーマンとして注目されていたことから2014年のFC岐阜の飛躍は【ラモス効果】と表されています。

 

しかし、ラモス瑠偉さん2014年のFC岐阜の劇的な飛躍は、オレンターノ岐阜(会長星野鉃夫様、名誉会長 古田肇岐阜県知事)の存在あってのことと心から感謝をしています。

 

地域密着のクラブの推進役として、常にクラブの縁の下となり、すべての出来事を支えているオレンターノ岐阜は「真のサポーター」といえる存在です。

 

今回、後援会会報誌の企画で星野鉃夫会長とラモス瑠偉監督が対談が実現。

 

様々な視点からFC岐阜を評価、分析をされている星野会長とラモス監督のお話は興味深いものばかりです。こどもたちに「夢」や「希望」を与えることがFC岐阜の大きな使命と考えるお二人は、プロサッカーの醍醐味を伝えていきたいとの思いも共有されていたようです。

 

星野会長から、ご自身の会長就任の経緯や、ラモス瑠偉さんの監督就任への感謝の気持ち、後援会活動の充実は県内各支部、各種団体のご尽力の賜物であるとの話があり、ラモス瑠偉さんはオレンターノ岐阜への感謝の気持ちがさらに大きくなったようです。

 

この対談の内容は2015年度のオレンターノプレスに掲載されます。

後援会20162

後援会0216

ラモス瑠偉さんは、会員の皆様の活動を支えている後援会事務局(事務局長村井勝美様)の職員の方の日頃のご尽力にも感謝をしています。

 

今年も、アウェイツアーをはじめ、岐阜市外の皆様がホームゲームにお越しいただけるような取り組みも計画中とのことです。

 

また、この日にオレンターノ岐阜の2015シーズンポスターも完成しておりました。

 

今後も、ラモス清流の国ぎふプロジェクトは、微力ながらオレンターノ岐阜の活動を応援してきます。

 

(ラモス清流の国ぎふプロジェクト 角田)

トップに戻る