ぎふレポート

ラモス 清流の国 ぎふプロジェクト > RGPレポート > みんなの思いをひとつに@岐阜バスラッピングバス

みんなの思いをひとつに@岐阜バスラッピングバス

2014/03/15 (土)

ラモス監督率いる「新生 FC岐阜」。

開幕2連勝で、日本サッカー界が注目しています。

 

しかし、ラモス監督は、就任会見で 「1年目は、数年後J1に定着する為の基礎づくり」 さらに、岐阜県がひとつになって、経済効果を生み出すことや、子どもたちに夢を与え続けることを目指すとも話していました。

 

そのための1年目は、「プロ意識の定着」というテーマを掲げています。 目の前の勝負にこだわりながら、本質を見失うことなく、目標に向かうことが大切です。

そのような中で、ラモスプロジェクトは、岐阜を盛り上げるサポート活動に取り組んでいます。

今回は、岐阜バスとの取り組みです!!

昨年も、企画された「FC岐阜応援バス」。

今年は、ラモスプロジェクト全面協力です!!

 

この企画は、岐阜バス(岐阜乗合自動車株式会社)岸野社長とラモス監督の思いが一致して実現しました。

ホームスタジアムが、たくさんの人たちの情熱と笑顔があふれる場所になるように。 サッカーを通じて、岐阜県のみなさんの暮らしが、より楽しくになるように。

ラモス監督のメッセージと共に、岐阜バスが走ります。

FC岐阜ラッピングデザイン3-2

FC岐阜ラッピングデザイン1

FC岐阜ラッピングデザイン2-2

ラッピングが完了した車両から運行しています。

そして、この3台がホームスタジアムに集結するセレモニーも企画されています。

お楽しみに!!

(ラモスプロジェクトディレクター 角田)

トップに戻る